• FSHDJapan

市民公開講座(FSHD)(7/28、東京、無料)

最終更新: 5月29日

 市民公開講座 知っておきたい「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー・眼咽頭筋型筋ジストロフィー」が、7月28日(日)午後1時から午後5時まで、東京の国立病院機構本部講堂で開催されます。主催は、筋ジストロフィーの標準的医療普及ため研究調査班。参加費無料。事前申し込み不要。定員120人。


7月28日 市民公開講座 知っておきたい「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー・眼咽頭型筋ジストロフィー」開催(外部のサイトを開きます)


当日はWebによるライブ中継もあります。(外部のサイトを開きます)


会場:国立病院機構本部(東京都目黒区東が丘2丁目5番21号)(外部のサイトを開きます)


プログラム(敬称略):

「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの病態メカニズム 」

  東海大学工部生命化科               三橋弘明

「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの臨床」

  国立病院機構大阪刀根山医療センター脳神経内科   松村 剛

「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの治療開発に向けた基礎研究の現状」

  熊本大学発生医学研究所筋発生再生分野       小野悠介

「もっと知て欲しい眼咽頭筋型筋ジストロフィー 」

  熊本大学大学院生命科研究部脳神経内科学      山下 賢

「患者の立場できること~ 患者会活動の現在~ 」

  一般社団法人筋ジストロフィー協会 /FSHD 患者交流会 鈴木嵩征

「治療開発と患者登録の重要性 」

  国立精神・経医療研究センター TMC 臨床研究支援部  中村治雅

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

Webページが新しくなりました

2020年9月1日より当サイトが新しくなりました。 まだスマートフォン対応は完全ではございませんが今後進めてまいります。 また、以前より記事を更新しやすくなりましたので、更新頻度が大幅に改善されてます。 今後ともよろしくお願いいたします。

FSHDの原因となるDUX4タンパク質の機能ドメインの解析

三橋弘明、石丸悟史、本間優希(東海大学) Jeffrey Boone Miller, Sachiko Homma, Bryant Yu, Mary Lou Beermann(ボストン大学) 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの患者の筋肉細胞では、DUX4と呼ばれるタンパク質が存在していることがわかっています。このDUX4タンパク質は患者の筋肉にのみ存在しており、筋肉細胞が壊死していく原因になっていると

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。