• FSHDJapan

市民公開講座(FSHD)(7/28、東京、無料)

最終更新: 2020年5月29日

 市民公開講座 知っておきたい「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー・眼咽頭筋型筋ジストロフィー」が、7月28日(日)午後1時から午後5時まで、東京の国立病院機構本部講堂で開催されます。主催は、筋ジストロフィーの標準的医療普及ため研究調査班。参加費無料。事前申し込み不要。定員120人。


7月28日 市民公開講座 知っておきたい「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー・眼咽頭型筋ジストロフィー」開催(外部のサイトを開きます)


当日はWebによるライブ中継もあります。(外部のサイトを開きます)


会場:国立病院機構本部(東京都目黒区東が丘2丁目5番21号)(外部のサイトを開きます)


プログラム(敬称略):

「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの病態メカニズム 」

  東海大学工部生命化科               三橋弘明

「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの臨床」

  国立病院機構大阪刀根山医療センター脳神経内科   松村 剛

「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの治療開発に向けた基礎研究の現状」

  熊本大学発生医学研究所筋発生再生分野       小野悠介

「もっと知て欲しい眼咽頭筋型筋ジストロフィー 」

  熊本大学大学院生命科研究部脳神経内科学      山下 賢

「患者の立場できること~ 患者会活動の現在~ 」

  一般社団法人筋ジストロフィー協会 /FSHD 患者交流会 鈴木嵩征

「治療開発と患者登録の重要性 」

  国立精神・経医療研究センター TMC 臨床研究支援部  中村治雅

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月31日(月):iPS細胞研究の勉強ツアー(オンライン)

CiRAでiPS細胞研究に関するツアーが開催されます。 この機会に、どのようなことを行なっているかを、より理解する機会にしてみてはいかがでしょうか。 こちらの研究所で、FSHD分科会の方も研究されておりました。 CiRAではiPS細胞研究についてご理解いただくとともに、科学の面白さを伝えるために、一般の方々を対象とした研究棟の見学会、CiRAツアーを開催してきました。現在は新型コロナウイルス感染拡

米企業FSHD治療薬に新たに参入

アメリカにて、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(FSHD)の治療薬開発に新たな企業が参入しました。 カリフォルニア州のアローヘッドファーマシューティカルズ社は、同社が開発するFSHD治療薬候補、ARO-DUX4について、ニュースリリースで公表しました。動物モデルでは発症の原因となるDUX4遺伝子の発現を減らすとしています。 (ニュースリリース、英文)Arrowhead Announces ARO-D