top of page
  • FSHDJapan

FSHD患者交流会を終えて

 毎年6月20日 (日)は、World FSHD Dayと言われる活動が行われます。この活動は、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー (FSHD)を多くの人に知ってもらう日であり、アメリカのFSHD患者団体が始めた活動です。その活動の一環として、日本では毎年6月20日前後に患者交流会を実施しています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、対面での交流が難しいため、Zoomを用いたオンラインでの交流会を開催し、25名の患者さんとそのご家族の方にご参加いただきました。

 今回の交流会では、参加者の皆様からのご意見をもとに交流テーマを決め、ブレイクアウトルームを用いて、「日常生活で困っていることとその解決策」、「仕事について・学校生活について」、「FSHDのお子さんをもつ親御さんと話したい・子育て・出産」、「リハビリテーション」、「通院・専門病院について」、「筋肉に痛みがあることについて」、「フリートーク」の7つのテーマに分かれて交流しました。FSHDは発症年齢や進行速度が様々であるため、症状が同程度の方と繋がることは難しく、求めている情報も得づらいのが現状です。しかしながら、今回の交流会で日頃の不安や悩み、それに対する解決策等の情報交換ができたかと思います。

従来、対面での交流会は東京で行われていたため、参加したくても参加できない方が少なからずおられました。しかしながら、オンラインであれば、東京までの移動を要することなく、ご自宅からの参加も可能なため、誰でも参加可能な交流会であったと思います。新型コロナウイルス感染症の終息後においても、この様な形態での交流会を続けていきたいと思います。



閲覧数:171回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第2回FSHD生活向上委員会セミナーを無事開催することができました。多くの方にご参加いただけ、大変有意義な時間を過ごすことができました。みなさまありがとうございました。 報告書はありますが、ちょっとした感想を書かせていただきます。 冒頭、立ち上がりの工夫に関する情報シェア、そして、治療薬開発に関する情報シェアも大変有益なものでありました。ここで一同少しでも明るい気持ちになれたのではないかと思います

FSHD分科会 登録会員の皆様へ いつもご参加ありがとうございます。 FSHD分科会では、以下の通りオンライン交流会を開催する事になりました。 これまで分科会では、数ヶ月に一回のペースで、気になるトピックを取り上げ オンライン交流の機会を定期的に開いています。 患者やご家族のコミュニケーションの機会を増やし、私たちの為になりそうな 情報をもっと皆さんで共有できたらいいなとの思いで始めました。 今回

先日行われました、第3回オンライン交流会での三橋先生の講演動画が公開されました。 本来であれば非公開でありますが、三橋先生より、筋ジストロフィー協会の会員内限定であれば公開して良いと、快く許可をしていただきました。 協会会員の方で、交流会にご参加できなかった方は是非ご覧になってください。 以下、Webページ内のタイトルと会員ページへのリンクです。 2021年度日本財団助成事業「療育研修会」(顔面肩

bottom of page